のど飴の定義

まろんは季節の変わり目には体調を崩しやすい。風邪もひきやすいが、喉からくる風邪は最悪である。最近では、伝家の宝刀「タナベ製薬のポピクル」を発見してから、劇的に改善したが、喉が痛く、唾を飲み込むだけで激痛がはしるのは、相当な苦痛なのだ。これだけは避けなければならない。そこで、最近は仕事の一休みにと、のど飴を舐めることが多くなった。

のど飴をセブンイレブンに買いに行くと実にたくさんの、のど飴があることに気がつく。いや、これは沢山というか、度を越している。どいつもこいつも、のど飴なのである。

中にはかなりの甘ったるい物もあった。流石に、まろんも気がついてくる。これは本当にのど飴なのだろうか?と。

早速調べてみると、衝撃的な事実が発覚する。

「のど飴の定義は日本に存在しない」のだ。つまり、メーカーが「のど飴」と主張すれば、それは「のど飴」なのである。

にゃんてことだ。

これは、言ったもん勝ちの「システムエンジニア」や「プログラマー」と同じレベルではないか。

消費者の中には、期待効果を騙されて購入している人も少なくないはず。これは由々しき事態なのである。しかし、確かに効果もある類もある気がする。。調べてみると、のど飴は3種類に分かれており、パッケージにその種別が記載されているという。

1.医薬品

のど飴の中でも最高ランクに位置する効果お墨付きの、のど飴。よく耳にする「龍角散」はこの医療品である。

2.医薬部外品

ヴィックスやルルのど飴などは医療部外品。効果も低いが副作用も少ないとか。。少なくとも風邪を気にするなら、このレベルを口にしたいところである。

3.食品

自称のど飴。殆どの飴玉がこいつである。喉が潤うとか、スッキリするとか、そんなことではまろんは騙されない。まろんが大好きな「恋に恋するのどあめ」も、ただのキャンディだったかもしれない。美味しいのど飴に限って、こいつではなかろうか。

良薬口に苦しとはよく言うが、きちんと性質を理解しないと、効能プラシーボ効果になってしまうだろう。しかし、きちんとパッケージに書いてあるので、そこは、日本はしっかりしてると感じなくもない。

これから「のど飴」を購入する方は、目的をよく理解して適切な「のど飴」を購入してもらいたいと思う。

f:id:jizou2199:20170508222921j:image

 

広告を非表示にする

減少するカラス

まろんには日課がある。家族が寝ている傍で、毎朝カラスを観察することである。カラスはどうやら朝のゴミを啄ばみに来ているようである。日々、可愛さを振りまくだけで、豪華ランチを頂いているまろんからしたら、その苦労には頭が下がる思いである。

しかし、そのカラスは昔もっと多かったと主人が言っているのを聞いた。

まろんが得意の、「いんたーねっと」で調べたところ、今世紀に入るまで4万羽いたのが今では1万羽だという。

どうりで減ったと感じるわけである。そういえば、街並みも少し綺麗になった気がする。と、主人から聞いた話で、思いにふけるまろんであった。

f:id:jizou2199:20170508220306j:image

広告を非表示にする

日常品は贅沢をする

まろんの流儀に、日常品は贅沢をするというものがある。月に数回しか使わない家具にはお金をかけないが、毎日使うベッド、机、椅子、パソコンなどにはお金を掛けるのだ。使用頻度が高ければ、低品質なアイテムと利用比較したときのメリットが大きく跳ねるからである。

例えばベッドは、有明本社ショールーム|家具・インテリアの大塚家具に展示してあるものの中から、一番寝心地の良いフランス製の高級ベッドを選んできた。お試しで横になると、その場で眠り出しそうになるのが凄さを物語っている。

椅子は技術屋鉄板のアーロンチェア - オフィスチェア - ハーマンミラーである。何時間も引きこもり作業していても、疲れたということが皆無になる魔法のアイテムだ。

パソコンはヘキサディスプレイ(6枚液晶)と最新鋭のCPUを搭載。まろんの技術力を最大限に発揮できる。

これぞ、まろん帝国である。我が国の進撃は止まることを知らぬのだ。

ちなみに、これらのアイテムは嫁さんと暮らす時に全部お蔵入りしている。

まろんは今日もニトリの座椅子に座り、ニトリの敷布団で眠りにつき、パソコンは点けた記憶もない生活を送るのである。

 f:id:jizou2199:20170403215745j:image

 

靴はブランド品に限る

まろんは靴というものにこだわりが全くなかった。パソコンのメモリと靴はノーブランドで良いと思っていたのだが、実際、靴の方はそうではなかった。

それまでは、イトーヨーカドーで適当な靴を選んでいたが、半年ほどで必ず履き潰してしまっていた。営業職ではないので、そんなに歩くものではないのだが...そういうものだと割り切っていた。

ブランド

会社にフルマラソンを走っちゃう同僚がいる。マラソンを走った次の日は、ゾンビのように足を引きずって会社に来るので、いつ走ったかが大変わかりやすい。そんな彼に靴のことをすこし相談して見た。

「靴は絶対ブランド品じゃなきゃダメだよ!」という。ブランド...?ABCマート?ぐらいの知識しかなかったのだが、話を聞くと、ミズノとかナイキとかアシックスとか、引きこもりのまろんでも聞いたことがあるメーカーが出てきた。

早速、新橋のアシックスストアで靴を購入してみると、正直驚いた。個人の足のサイズを計測し、左右の足の違いやバランスをデータ化。中敷による調整など、まろんが考えもつかなかったサービスが至れり尽くせりだ。まろんが扁平足で、べた足インファイトしかできないボクサータイプだと初めて知った。

無論、実際の履き心地も抜群。その場で履いて帰り、古い靴は処分をお願いした。

そこから、歩くのが楽しくなり、週末にはウォーキングに繰り出すなどガンガンに酷使していくが、まったく壊れないし、性能は落ちない。さすがに5年たったらメッシュに穴が空いたので、再度、アシックスに持ち込むと、履きすぎだとのこと。なんと物持ちのいいことか。

たしかに、2万円ぐらいするのだが、いままでは半年で6000円だったのだ。歩くときの負担も格段に少ないし、コストパフォーマンスが断然いい。最初からこっちにしておけばと思った。安物買いの銭失いもはこのことだ。ちなみに、まろんが仕事で履いているのはRUNWALK® | アシックス | ウォーキング | アシックス Japanである。先月、履き潰したので、まったく同じのをください!と言ってきて、いまは2代目である。

噂では、エルメスやルイヴィトンのバッグも性能が格段に違うと聞く。老舗のブランドはただのネームブランドではないのだなと思い、まろんは今日も家で引きこもるのである。

 

f:id:jizou2199:20170331085053j:image

まろんによる時間がない人のためのボヤキ

まろんが思うに人生で厄介な言葉の1つが、「時間がない。(後でやる」)である。色んなところで聞くことがあるが、これを言い出す人がいた場合は、相当な覚悟を持つか、やってもらうことを諦めた方がいい。

時間がないは誤り

「時間がない」は正しい表現ではない。時間は人により差があるわけではない。万物に与えられた時間の感覚は1日24時間と等しい。故に、正しい表現は、「自分の24時間の中で、そのことに時間を割り当てる余裕がない」であり、物事に対するプライオリティが低いことが問題である。

時間を作れも不適切

よく「時間を作れ」と言うが、これも遠回しな言い方だ。正しくは、「貴方の中で物事の重要性を認識しプライオリティを向上させろ」である。

これは無理な話だ。長年、自分の中で形成してきた価値観を他人の一言で変えることなど、自我を持つ人間では不可能だ。このような言い訳をする人間には、それなりの対応が必要となる。

もし、子供がゲームばかりで勉強をしていないのであれば、子供は勉強の価値を正しく理解していないだけである。「勉強をやりなさい」と言うのではなく、勉強することの重要性と楽しさを本人に理解してもらい、自分でゲーム時間を削り、勉強時間を組み込ませる意識の改革をさせなければならない。

これを親の権威や強い言葉で抑圧して実行させることは、良い結果を生み出すことに繋がらないだろう。やっていいのは、旦那への朝のゴミ出しを命じる程度だ。そして、意識改革は、一朝一夕でできることではない。逆にコロッコロ人の言うことに左右されるのであれは、アイデンティティに問題がある。意識改革させるにはオーバーに言えば、宣教師にならなければならない。

よって、「時間がない」と語る人を説得する場合は、十分覚悟することである。

 f:id:jizou2199:20170317125523j:image

 

 

 

 

まろんによる全力で電車に座るための分析術

まろんは電車通勤である。結婚前は通勤10分だったが、今では通勤1時間15分が課せられた。

果てることのない...通勤地獄...!

乗り越えるには...そう...座席の確保!

サラリーマン達による熾烈な座席競争に打ち勝たねばならない...!

某先生風に語ればこんなところである。まろんは、2時間かかる人にくらべれば遥かにマシだし、帰宅時は座れるのでハングリー精神にかけるかもしれないが、座れるものなら座る。その為に、まろんは勝利の方程式を立てた。

兎にも角にも立ち位置

搭乗する電車は、まろんの駅に着くときには座席は100パーセント埋まっているが、吊革の占拠率は20パーセント程度である。

つまり、プラットホームでの陣取りに失敗しなければ、大抵の吊革位置は確保できるようになっている。となれば、早めに座席を開けて降りそうな乗客を、こちらで選ぶことができる。ただし、ドア付近の座席は混雑率が120パーセントなので確信を持ったとき以外は危険である。

乗客の顔と降りる駅を暗記する

まろんが最初に思ったのは、決められた時刻の電車に乗れば、見知った顔が出てくることだ。つまり、乗客の顔を覚えて降りる駅を暗記してしまえばいい。実にシンプルだが確実な勝ち方である。

しかし、思惑は早々に破綻する。まず、赤の他人の顔を全員覚えるのは、想像以上に困難だ。それに毎回同じ座席に座る人はいない

 服装で判別する

まろんの通勤電車は都心に向かって行く電車である。1時間の間に15駅ぐらいあるだろうか。顔を覚えようとして失敗し続けたまろんは、日々の通勤の中である傾向が見えてきた。

都心に向かう電車ということは、最後まで乗っている人間は典型的なサラリーマンである。逆に近所のおばさんが都心に向かうことはない。

これらを判断するための適切な材料は何か?ズバリ服装である。服装をカテゴライズするとこうなる。

  • 学生服

学生は制服で容易に判断できる。大抵が近場の学校で、相当な狙い目だ。学生を見つけたら、いの一番で手前に立とう。

  • 軽装

平日の朝に主婦層やご老人がいれば、まず近場で降りる。荷物を持っていない、カジュアルな服装、子連れ、靴がハイヒールでない場合は遠くへは行かず、乗り換えがある駅で降りて行く可能性が大だ。女性の割合が多く、ここを見抜くことで座る確率がグッとあがる。

  • スーツ

スーツはサラリーマンの象徴。最悪の相手だ。どこに行くか見当もつかず判断することができない。絶対にスーツを着てる人の前に立たないこと。

モーション

基本的な判断は服装で判断する。

さらに確率を高めるため、避けるべき乗客のモーションを整理する。

  • 寝てる

寝る余裕があるというのは、目的地が相当先であるためだ。寝ている人の前には立たないこと。

スマホを扱う層はバリバリのリーマン、ウーマンなので危険だ。通勤時間は長いことが多い。

  • 音楽を聴いたり本を読んでいる

スマホよりはマシであるが、暇つぶしの道具を持っているというのはやはり危険。たとえば、一駅で降りるのならば本など持ち歩かない。まろんも以前、通勤は一駅だったが、本は持ち歩かなくなった。

  • 網棚の上に荷物を置いている

これはすぐに降りない気満々ではないか。

  • 何もせずぼっとしている

これが肝要。軽装でぼっとしている人は、大抵すぐにおりるのだ。過ごし方に工夫がないのは、乗り慣れていないか、目的地が近いからである。

禁断の秘技

車両の端にある優先座席の前に張り込む技だ。優先席を利用する人は遠出しないことが多い。しかし、他の人に譲らなければならないことがあるので、注意しよう。

失敗から学ぶ

なお、どんなに最善を尽くしても的を外すことがある。狙った席の隣が空いたりするときは、歯ぎしりものである。しかし、注目すべきは、おりる人の様相だ。どんな人が早い段階で降りたのか?これを見続けることで選球眼も鍛えられて行く。長い通勤人生。少しでも楽をしたいではないか。

 f:id:jizou2199:20170316131619j:image

 

まろんの断捨離収納テクニック

 断捨離テクニック

まろんは物を持たない。故に物は溢れない。溢れて困っている人は、まろんの断捨離テクニックをぜひ実践してもらいたい。
たった2つのことを守るだけである。 

 
其の壱.1年以上使わなかったものを捨てる 

非常用と備蓄と思い出の品を除き、1年間使わなかったものを全て廃棄しよう。たったこれだけで状況は一転し、新鮮な空気を味わうことができる。春夏秋冬を通して使わなかったものは、翌年も使うことはない。使わなくても生活可能であるし、一つずつ無くなっていっても気付きもしない。
名探偵コナンやワンピースなど、終わりの見えない書籍にスペースを食いつぶされてはいないだろうか。読みかけの本はないだろうか。滅多に着ない服はないだろうか。無ければ無いで成り立つのである。全てゴミ箱行きにしよう。もし、時折読み返したいと思うのであれば、電子化してしまえばいい。(実際は、電子化したことに満足して2度と読まないのだが。)
勿体無いと思うかも知れないが、それは単なる収集癖だ。これが、空間を圧迫しているのがほとんどであり、それに気付かずスペースが無いことを嘆くのが人間の心理だ。広い部屋に住み変えても同じくスペースを食い潰すだろう。捨てることを後悔するのではなく、捨てられないことを後悔すべきなのだ。


其の弐.ゴミを捨てる

よもやゴミを保管してはいまいだろうか。冷蔵庫の中を見てみよう。消費期限がすぎているものや、取り出したことのないものがあるではないか。貰い物だと捨てられない和菓子などはないだろうか。貰い物は気持ちを汲み取ればいいのである。少しだけ齧って廃棄しよう。
棚を見てみよう。封筒や便箋など、読み終えたら不要なものを保管してはいないだろうか。会員登録の情報などは、スマホで写メっておくだけでいいのである。

 

まろんの収納術

まろんは実家生活が長かったため、収納に気を使うことがほとんどなかった。しかし、独り立ちすると、そういうわけにもいかなくなる。初めはせっせこ、物を集めすぎないように気をつけていたが、生活必需品だけでもごまんとあるのだ。どう収納しようか悩んでいると、まろんの奥さんがDAISOで突っ張り棒を購入して来て、ちょっとした隙間でも物を釣ることができるようにしてくれた。まろんは今までは100円ショップに行くことが無かったので、この出来事には大変な感銘を受けた。そこからは100円ショップにハマることになる。

空間を平面と錯覚

色々と試行錯誤するうちに、収納のコツは高さを意識することだと気付いた。すなわち、空間を平面として見てしまっていることが問題だったのである。周りの収納棚に目を通すと多くの空間がある事がわかるはずだ。そこに積み上げるのではなく収納するのである。配送業者のトラックの荷台のごとくにだ。そのためのケースや土台は100円ショップで購入できる。これだけでも相当なスペースを確保可能だが、そこから一歩下がり、視線をフロア全体に集めると、逆マトリョーシカのように収納できる空間があることに気がつくはず。フロアもまた一つの箱なのだ。壁に吊るすこともできる。家具同士の隙間も、高さを意識すると空きスペースだらけだ。空間を制するものは収納を制するのである。

この意識を持ってもスペースがないというのは、単純に物が捨てられないだけである。

f:id:jizou2199:20170316131516j:image