外交プロレスで犠牲になる人

まろんは猫である。 猫は自由気ままで誰かを支配することもなければされることもない。しかし、人間は人間を支配する。米国の大統領ともなれば、尚更である。 年末年始からにかけて、イランとの交戦が再開された。ドル円が年末前に下降気味を見せていたが、…

いきなりステーキが潰れても別に構わない

まろんは猫である。猫の世界に外食産業はない。しかし、あれば各社しのぎを削るところであろう。 人間界では、いきなりステーキという人気店があったが、陰りが見えてきている。その実態はこうだ。 いきなり!ステーキ社長のお願いは従業員にも…「ご両親、兄…

不妊治療は自己負担

まろんは猫である。日本が少子高齢化となり、ボディブローのように効いてきた。国内総生産を維持し上げて行くには、外からの労働力に頼るしかなく、どこもかしこも見渡せば、日本の学生アルバイトはどこに行ったのかと思うほどである。 猫は子宝に恵まれるこ…

求めるには与えること

まろんは猫である。猫にも格差社会が存在する。猫カフェで働く猫もいれば、飼い猫で自由と引き換えに、安定して生活を送る猫もいたり、厳しいながらも荒野に野良猫として自由に生きる猫もいる。そして、人間社会にも格差は存在している。 マクドナルド難民に…

下請け責任丸投げ法

まろんは猫である。 猫の世界には下請けは存在しない。故に、すべてが自己完結せねばならない。しかし、人間の世界には中間マージンを搾取して下請けに出す方式がある。 下請けは圧倒的に立場が弱い。大手からのおこぼれをもらって立ち回る以上、この図式か…

人類が生み出した黒歴史

まろんは猫である。猫に歴史はない。野良猫コミュニティは都会では絶望的で、1つの世代ごとに隔離されて生涯を終えるからである。 しかし、人間は社会性が強く歴史を紡ぐ。その歴史の年月だけ長く太い縄が絡み合うように、解けることは無くなっていく。 その…

まろんの人生を豊かにする料理店

まろんは猫である。 そして猫はグルメである。一度でも美味しい餌を口にしたが最後、古い味には決して戻らない。それが猫道である。 今回は、まろんの人生観を大きく変えた飯処を紹介しよう。 メゾンカイザー オフィシャルウェブサイト メゾンカイザー 世界…

事故は巻き込まれて起こる

まろんは猫である。昨今、痛ましい車の事故が多く発生している。池袋で母子が巻き込まれて死亡してしまった事件や、大津市で信号待ちしていた保育園児の列に車が突っ込んで死傷する事件も起きてしまった。どちらも交通ルールを守っていたわけだが、まろんは…

ネットに潜む危険性

まろんは猫である。 猫の世界にインターネットはない。閉鎖的な空間でしか生きていないため、退屈なようではあるが、何かに踊らされることもない。 その中でも、まろんだけはインターネット黎明期から接してきた。故にどれだけ信用できないことかも知ってい…

相変わらずセクハラのラインが分からない人たち

まろんは猫である。猫界では言語が少ないためセクハラに当たることがないと思われていることと思うが、逆に春先ではメスがオスにセクハラをばら撒いて歩くときがあるので、迷惑している。だが、それ以上に人間界ではセクハラ問題が深刻なようだ。 こういうの…

迷惑動画を投稿する若者たち

まろんは猫である。猫はスマホを扱えないが、最近では若年層ですらスマホを持っている。そのスマホの手軽さ故、歪んだ形で用いられる事がある。昨今、SNSで飲食店での衛生面で問題のある動画が多く上がっている。 セブンイレブン、くら寿司、はま寿司、バー…

日韓関係悪化に伴い感情に走る国民たち

まろんは猫である。猫は縄張り意識は強い。見知らぬ猫が住処に近寄って来ただけでも、争いに発展することは多い。しかし、そこに政治的な配慮はないため、一度仲良くなれば、その関係が壊れることはない。 さて、人間の世界では日韓関係が悪化している。「領…

高輪ゲートウェイのダサさが異常

まろんは猫である。 山手線の新駅として、田町〜品川間の駅の名前が「高輪ゲートウェイ」に決定したということで、皆一様に落胆の様相を見せている。それは当然で、新駅の名称を公募した中でも、130位、わずか36票の名称を採用したからである。 公募とは名ば…

清潔感を履き違える

まろんは猫である。 猫ほど綺麗好きなものはないだろう。毎日、ナメナメ毛づくろいをして清潔感を保っている。しかし、人間の中には、その事だけが清潔感であるも履き違えている人がいる。 よくある例が、非モテ男子のお悩み相談で、質問者「女性にモテるに…

性格は言葉選びに出る

まろんは猫である。 猫の言葉は単語が少なく、イントネーションで伝えるのが主流である。しかし、人間は言葉選びで良くも悪くも取られてしまうどころか、その人の性格が出てしまう危険がある。 俳優の田中圭さんがテレビで結婚の理由を聞かれて次のように答…

Cルートのままでいたかった

まろんの主人です。 今日はまろんの代わりにボヤかせていただきます。拘束されていた安田さんが解放されたことについて賛否両論な意見が出ていますが、これに対して、ZOZO前澤社長が次のような発言をされています。 事の顛末は、こちらのまとめサイトの記事…

お米が美味い

まろんは猫である。毎日の食事といえば、キャットフードであり、主食である。キャットフードばかりではあるが、憐れむ必要はない。まろんの主人も同じように、毎日、お米ばかり食べているではないか。これぞ、主食である。 引き立て役としてのお米 キャット…

心技体

まろんは猫である。まろんは遊ぶときに「ニャンスポーツ」を日夜繰り広げて、主人の睡眠を妨げているが、この度はアメリカで凄惨な事件が起きてしまったようだ。 e-sports(ゲーム大会)において、大会のゲームに負けた腹いせで銃乱射を行い、死傷者を出した挙…

教師への暴力

クローズアップ現代で教師への暴力を特集していた。スマートフォンで撮影された生徒による教師への暴力が波紋を呼んだ件である。後に警察が介入する形となり、文字通り教師への暴力がクローズアップされている。 昔と立場が逆転している 一昔前は教師による…

俺がルールブック

まろんは猫である。猫だけの特権だと思っていた「俺がルールブック」は人間界にも多く当てはまるようである。 昨今、上下関係の厳しいスポーツ界隈が取り沙汰されているが、頭の悪さでいえば、 日本相撲協会 < 日大ラグビー < 日本ボクシング連盟 である。特…

人間はあらゆる事象に畏怖を抱き、適当な解釈で安堵を得る

まろんは猫である。 人間を見ていると、ある1つのことに気が付く。人間はあらゆる事象に畏怖を抱くのだ。昨今の二大ニュースをあげる。 事実と真実の解明 オウム真理教 麻原彰晃の死刑が執行された。そのことを受け、どこのテレビも特番を報道した。 「あの…

多種多様な価値観

まろんは家の中から出たことがない。その家の中ですら、多種多様な価値観に溢れている。これを世界に広げてしまえば、それは想像の域を超える程に広い。 まろんの主人は学生の頃にパソコンでソフトを作って販売したことがある。価格は1つ500円。内容は取るに…

命の値段

通り魔的な犯行のニュースが世間を賑わしている。実に痛々しい出来事だ。 しかし、何故、そのような犯行を平然と行えるのか。 まろんは、突発的な犯行や狂信的なものでない事は、命の値段が我々とは異なっていると考えている。 考え方は実に単純。安易に他人…

プレッシャーは掛けているのは自分自身

まろんにはプレッシャーというものがない。しかし、人間には、期待に応えようとするときに感じることがあるようだ。中にはプレッシャーに押しつぶされてしまう人もいるらしい。 まろんからすれば、プレッシャーに押しつぶされる人間とは興味深い。 何かが物…

お水にこそ気をつかうお店は美味い

まろんは外食好きである。 普段こそキャットフードで我慢しているが時折、美味しいものを食べに行きたくなる。無論、美味しい料理を食べた後は自宅でも真似をして調理したくなるのだが... さて、せっかくの外食なのだから、ウマウマなお店を見極めたいとこで…

ディズニーランド35周年記念貸切イベント

例の当選したチケットで、奥様と一緒にディズニーランドの貸切イベントに行ってきた、まろん。手短にボヤく。 入場客数は平日のさらに3分の1程度の少なさ。 先行公開のアトラクションは撮影禁止。 レストラン系の飲食店はやってない。 ファストパスがない。 …

違法漫画サイトの利用についてボヤく

昨今、漫画をスキャニングアップロードしインターネットで見れるようにしているサイトが問題になっている。 海外サーバーを利用して違法な運営をすることは今に始まった事ではなく、ウェアーズサイトとして20年以上闇の歴史がある。しかし、バツが悪いのはス…

まろんがディズニーランドのペアチケットの当選方法をボヤく

まろんはCokeOnアプリを愛用している。 コカ・コーラ社が運営するIOTサービスの一環で、自販機でジュースを買うと様々な特典を得ることができるサービスだ。 ある日、CokeOnアプリの案内を見ていたらディズニーランドのペアチケットのプレゼント企画を始めた…

男女の争いについてボヤく

まろんはオスである。 去勢するまでは明確に判断できる材料があったが、いまとなってもオスであるとともに、「まろん」という個である。 近頃、男女の争いがネットの世界では目立つようだ。 例えば 女性専用車両は男性差別か? 何故「女だけの街があればいい…

ゲームはスポーツなのか?

まろんは比較的ゲームが得意である。 昔と違ってオンラインが定着して来たことで、家庭内で閉じこもっていたコミュニティが飛躍的に拡大した。実に進歩して来たと感じる。 丁度、NHKの番組でもゲームが取り上げていて、「ゲームはeスポーツである。コミュニ…