仲良くしたい時には共通の敵を作る

まろんは八方美人である。

猫の世界でもコミニュケーションはあるので、どのように立ち回るかは重要である。時折、不機嫌で八つ当たりする姉上と円滑な日常を送っているのが、その成果の賜物である。

人間社会においては更に複雑だと見える。猫と違ってご機嫌を取るのが大変だ。嫁姑、仲の悪い同僚、話の合わない学校の同期。先輩後輩。様々な立場と関係の形がある。

そんな多種多様な関係が渦巻く社会で円滑な人間関係を築く必勝が1つある。

それは「共通の敵を作る」である。

誰かを悪者に仕立て上げることで、心理的な連帯感を生み続けることができ、目線が互いの本質な価値観の相違から逸れる。芸能人でもタレントでも、相手の嫌いな人間に共感してみればよい。その一点においては、「あれ?こいつわかってるじゃん?イイヤツじゃん?」と共感を生み、相手の見方が変わってくる。実際にやってみると、その効果は覿面で驚くことだろう。しかし、よく考えてみれば、これは何も根拠のない理論ではない。某国が日本を吊るし上げていることと何ら変わらなく、その効果は歴史が証明していることなのだから。

そんなことをしていたら、世界平和が訪れない?

そのときは宇宙人を敵に仕立て上げればよいではないか。

f:id:jizou2199:20171025085247j:image