ゲームはスポーツなのか?

まろんは比較的ゲームが得意である。

昔と違ってオンラインが定着して来たことで、家庭内で閉じこもっていたコミュニティが飛躍的に拡大した。実に進歩して来たと感じる。

丁度、NHKの番組でもゲームが取り上げていて、「ゲームはeスポーツである。コミュニティは1億人を超える。将来的にはオリンピック競技に申請したい。」といった動きがあるそうなのだが、一方でゲームはスポーツなのか?という反発がある模様。一般には受け入れがたいことのようだ。

しかし、一つ待って欲しい。

ゲームをスポーツにカテゴライズすることが目的なのか?

スポーツは総称だ。

テニス、卓球、柔道、野球といった、特定のルールの元に競い合う行為の総称がスポーツなのであり、これにゲームを加えることは成り立たない。

何故なら、ゲームもまた総称であるからだ。ゲームはeスポーツだ!と語る前に、会話のレイヤーが異なることに気がつくべきで、ゲームを個々のタイトル(ストリートファイターギルティギア、鉄拳...)までレイヤーを落とさなければ会話として成り立たないのである。

これらのゲームタイトルをスポーツに加えるかどうかで議論するなら話はわかるが、それも現実的ではない。

何故なら、ゲームタイトルの寿命は限りなく短いのである。

ストリートファイター4と、ストリートファイター5は、異なるゲームである。これを一つで括ることは横暴である。全てが同じルール条件下に置かれることが重要で、バージョンやタイトルでも、それが変われば同じ競技とは見なすべきではない。パッチが当たっただけでも、同じ競技として認めてはならず、ワールドレコードという概念も吹き飛ぶのだ。

そして、各ゲームタイトルの人口をみれば、一つ一つはとても小さい。「ゲームの総人口1億人」と言い放つことは、スポーツ総人工ウン十億と、大見得を切ることと同じくらい不毛である。

よって、オリンピック競技にゲームでもeスポーツでも呼称はなんでもいいが、そのジャンルが入ることは未来永劫にして、ありえない。

オリンピック競技にストリートファイター5が入ることは検討できるかもしれないが、子供の世代まで同じゲームをし続ける競技になり得るかというと、そんなことはない。そもそも、ゲームのタイトルが特定の企業利益に繋がってしまうのだから、更にあり得ない。

新しいナンバリングタイトルが出る度に、コミュニティが大きく変動するのだから、ハナから破綻している。

ゲームの1タイトルと、1スポーツ競技には、その根底の精神に大きな隔たりがあることを理解しなくてはならない。

本題に戻るが、ゲームがスポーツであることを議論することは、どうでもいい。それを浸透させ定義を変える労力は、全くもって見合わない。

しかし、ゲームをスポーツという括りにするという「手段」をとることで、裏の「目的」を達成させようとする存在がいることは、認識すべきだ。

f:id:jizou2199:20180217100250j:image