違法漫画サイトの利用についてボヤく

昨今、漫画をスキャニングアップロードしインターネットで見れるようにしているサイトが問題になっている。

海外サーバーを利用して違法な運営をすることは今に始まった事ではなく、ウェアーズサイトとして20年以上闇の歴史がある。しかし、バツが悪いのはスマートフォンが普及されたことに加えて、対象が漫画ということで、昔から違法コピーされ続けているパソコンソフトなどよりも、ニーズが大きいことと、若年層のアクセスが集中してしまっている。

これに対して、「インターネットは無断で見ることは違法だ。」ということに対して、「海外サーバーなので違法ではない。」「お金を払ってみるなんて馬鹿のやること。」などの反発の応酬になっている。

正確なデータが何一つ無い状態では全て仮定でしかないが、特に子供の反発が多いように見える。

さて、こういう状況では何が物事の本質であろうか。有償の漫画をインターネットで無料で閲覧することの損失を理解できない子供の問題であろうか?

いや、違う。子供が何をしてはならない(国益を害する)ことを理解することは無理なのだ。故に、補導なのであり、保護者が必要なのである。

子供に対して何が正しいかを力説する大人は、その子の保護者ではない。やってることは、知らないおじさんやおばさんが一方的に怒鳴っている。我々が老害と呼ぶ、その姿そのものであることを知るべきだ。

子供が正義と信じてることは、面と向かい合って真正面から話しても伝わらないことが多いところを、ましてや、匿名性を保ったまま上から伝えようとしても時間の無駄である。

今回のような事象を巻き起こしてきたのは、間違いなく大人なのである。

技術を促進させ、経済を動かし、法整備や対策が後手に回ってしまった結果である。ドローンのように問題が深刻化してから対策を始めるのだ。 

今回のように海外拠点を使っているのであれば、中国のようにグレートファイアウォールで自由を犠牲にするか、または外交手段で解決すべきであり、それができるのは政府だ。これが動かないうちは、国内損失よりも海外へ借りを作る方が大きいと判断しているか、認知できていないからである。子供の無知を叩く前にやらなければならないことは、他にも沢山ありそうである。

f:id:jizou2199:20180319230419j:image