命の値段

通り魔的な犯行のニュースが世間を賑わしている。実に痛々しい出来事だ。

しかし、何故、そのような犯行を平然と行えるのか。

まろんは、突発的な犯行や狂信的なものでない事は、命の値段が我々とは異なっていると考えている。

考え方は実に単純。安易に他人の命を奪ったそのレベルが、その犯人の命の値段なのだ。自分の命が安ければ安いほど、他人の命を同じ物差しで測って強行に及ぶ。故に命の値段が安い。

そんなものに巻き込まれたくはないが、時にどうしようもなく避けられない事態が起こるよは、世の中、誠に不条理である。

 

f:id:jizou2199:20180624052030j:imagef:id:jizou2199:20180624052030j:imagef:id:jizou2199:20180624052030j:image