清潔感を履き違える

まろんは猫である。

猫ほど綺麗好きなものはないだろう。毎日、ナメナメ毛づくろいをして清潔感を保っている。しかし、人間の中には、その事だけが清潔感であるも履き違えている人がいる。

よくある例が、非モテ男子のお悩み相談で、質問者「女性にモテるにはどうしたらいいの?」

回答者「清潔感が重要だよ!」

質問者「お風呂は入ってるよ!」

冗談かと思うが、間違える若者がいるようだ。お風呂は入って当たり前である。。

その前に、髪の毛の先が揃ってなかったり、ボサボサだったり、フケがついてたり、自分で選んでないメガネを付けてたり、シワだらけや体型フィットしないダボンダボンの服やズボンを着ていたり、靴やベルトが1つしかなかったり、腕時計やハンカチやティッシュをもってなかったり、財布がレシートやポイントカードでごちゃごちゃだったり、リュックサックで出かけちゃったり、バッグを肩にかけると腰まで長かったり、香水を自分で感じるぐらいかけてたり、そういうところを何とかしろと言っているのだが、反論する輩に限って、中身を見ろとか一方的な要求をするくせに、相手には外見を求める。鳥ですら、オスはその美しさ逞しさを強調して求愛するのに、お前らときたら。。

 

f:id:jizou2199:20181207131536j:image