日韓関係悪化に伴い感情に走る国民たち

まろんは猫である。猫は縄張り意識は強い。見知らぬ猫が住処に近寄って来ただけでも、争いに発展することは多い。しかし、そこに政治的な配慮はないため、一度仲良くなれば、その関係が壊れることはない。

さて、人間の世界では日韓関係が悪化している。「領海侵犯、レーザー照射問題、徴用工問題」、他にも問題を挙げればきりがない。某芸能人も「こんな日本の現状のまま子供たちに未来なんか繋げられるわけない!」と発言して賛同する声もあるが、実際のところはどうなのだろうか。

感情に走る国民性

前提として、韓国という国は感情に走る国民が多い。これは非常に厄介だ。理論的ではなく感情で行動してしまう場合、国家として国民をまとめるのは不可能に近い。国内の不平不満が爆発し、大騒ぎしている国民を、貴方が韓国の大統領になったとしたら、どのように手を打つだろうか?

過去の記事でも同じことを書いたが、これには共通の敵を作り出すのが手っ取り早い。

「全て日本が悪い。あいつらのせいで、俺らの待遇は悪化している。景気が後退するのも、日本が悪い。世界の起源は韓国なのに、誰に断ってその権利を行使しているニダ!」

注意を逸らすことができているうちはいいが、徴用工問題のように、一手失敗ると、国際社会と国内からの圧力で、ペチャンコになってしまう。それが韓国だ。

レーザー照射問題も国家の指示でなく、国民の暴走であり、日本へ謝罪できないのも、国民が暴走するからである。その幼稚園児をまとめなければならない韓国政府の立場を意識することで、我々も先が見えてくる。

感情に走る日本人

一部のネトウヨの意見を取り上げると、日本の対応は甘く舐められており、このままでは、日本の未来は無いらしいが、彼らは何と戦い、何を悲観しているのだろうか?

私は自分の子供の未来を悲観したことなどない。経済力、国民性で凌駕し、日米安保をチラつかせてアジアの平和を保っている現状を、どこに持っていこうとしているのだろうか?

その先まで語らずに、ただ不満を垂れ流すのは、多くの「韓国人」と同じ、感情に走る稚拙な国民性であることを認識すべきだ。

世界経済を意識する

北朝鮮を相手にするのとは意味が違う。韓国のGDPは1兆5千億USドルほどで世界ランク12位。日本の1/3に匹敵する。韓国の輸出については、中国 26.1%、アメリカ 11.1%、日本 6.2%と、日本はお得意さんだ。

韓国を締め上げるということは、日本経済を締め上げるという事だ。煮え切らない韓国に対して貿易戦争でも起こし、日本経済を締め上げることが望みなのか?サウジアラビアと違い資源大国でも無い日本が、何で値段を吊り上げるのだろうか。ギブアップするまで、チキンレースを仕掛けることが目的なのか?倒産する日本企業が出るのは避けようがない。

それは「政府が考えることだ。」というのでは、彼らと同じではないか。

トランプ大統領の米中貿易戦争での煽りを食らって株価は大暴落し、日経平均株価は2万円を切るところまで行った。それを賞賛して支持する覚悟も考えもないのに、制裁を前提として子供の未来を訴えるのは思慮が浅いにも程がある。少なくとも、GALAXYでLINEしながら語ることではない。

実際、日本と取引している韓国のビジネスマンは実にスマートで堅実的だ。

「誠に遺憾」は超便利

「毎回同じ言葉で聞き飽きた!」と叫ぶ人がいるが、日本の国民感情を抑えながら、韓国への意思表示として、「誠に遺憾」は、実に都合が良い。要は認めなければ国としての体裁は保たれるからだ。

韓国政府は、日本と喧嘩をしたいわけではないので、ヌルヌルズブズブな現状が互いの国によって「良好」なのだ。

そんな時に使われる日本語「誠に遺憾」は超便利。行動に起こさないが、意思表示だけはしておかないと。。という、シーンで連呼しておけば、世は事もなしである。

もし、それが気に入らないなら、貴方の思想は覇道だ。

未来の子供達へ

一つ懸念があるとすれば、昨今の韓国政府が、国民感情をセーブしきれていないように見えることだ。

もし、韓国政府機関の組織の一員が「政府は俺たちを支持してるニダ!からかってやるニダ!!」と暴走し日本人が死傷するような事態が発生した場合、この次の一手を韓国政府が誤ると、対日感情を煽ってきた政府のツケで国民の感情性がスパイラルに上昇し、テロに発展する恐れがある。テロリストに成り下がった国民は、ゴキブリよりもしぶとく、グラウンド・ゼロのような惨劇を生む。

それこそ、「未来の子供達」へ繋げてはならない、唯一の事柄ではなかろうか。

f:id:jizou2199:20190112083315j:image