下請け責任丸投げ法

まろんは猫である。

猫の世界には下請けは存在しない。故に、すべてが自己完結せねばならない。しかし、人間の世界には中間マージンを搾取して下請けに出す方式がある。

下請けは圧倒的に立場が弱い。大手からのおこぼれをもらって立ち回る以上、この図式からは、抜け出すのは容易ではない。その惨状に法律でも下請けが不利益を被らないようにフォローするが、下請会社がそれを守っていては成り立たないと、従業員にそのシワを寄せるのが実情である。しかし、今回は下請会社ではなく丸投げ会社にボヤく。

下請責任丸投げ法

昨今、評判が落ちていると考えるのはAmazonである。Amazonヤマト運輸と佐川急便をメインに配送していたが、佐川急便がギブアップしたことを受けて、デリバリープロバイダサービス(以下、DPS)を使うようになった。数多ある配送業者に過酷なノルマごと押し付けている。このDPSがとにかくサービスレベルが悪い。(ヤマト運輸と比べるからだろうが)

先日、まろんAmazonで購入した商品をDPSから「配達を断念」される出来事が起こった。

断念とはなんやねん。

まろんはプレミアム会員のため、翌日配送を手配したが、2日経っても3日経ってもこず、ステータスを確認してみると「配送できずキャンセルとなりました」的なニュアンスで表示されて"お終い"となった。その後の手当ては何もない。当然、時間がかかってでも配送されるだろうと思って、代品は購入していないため、予定を狂わされることになったわけだ。

しかし、まろんの怒りの矛先は、DPSよりも、なんの謝罪も手当もないAmazonに怒りが湧く。Amazonからすれば、丸投げした以上は責任はないとの見解であり、下請会社を締め付けるだけだ。それが許せない。

そしてuber eatsは最も悪い

さらに、評判が悪いのは緑のバッグを背負って街中を滑走するuber eatsである。本来、デリバリーを行なっていないデニーズや大戸屋や街の中華屋などの下請となり、民家へ食事を配送するサービスだ。このサービスはuber の社員が配達するのではなく、アカウント登録した個人が配送する。民間のアルバイトが配送する上に、指名制もないのだから「責任感」を求めるのは愚の骨頂。配達した商品がよれてようが、時間をおくれようが、届かなかろうが、アルバイトなら仕方がない。怒りの矛先は、そういった事態に責任丸投げで逃げるuber eatsである。

uber eatsの規約ではこうだ。

Uber自身は輸送サービスを提供しません。Uberは輸送業者ではありません。本アプリケーションおよび/または本サービスの利用を通じてリクエストが行われる輸送サービスを提供するか否かは、輸送業者の裁量に委ねられます。

詭弁もいいところ。輸送業者でないなら、緑のバックパックを何故使わなければならないのか。

これも下請責任丸投げ法。アルバイトは個人として請け負っており、責任を個人に擦りつけるそのスタンス。Amazonと同じである。しかし、ここでポイントなのはデニーズや大戸屋と言った元請けまでは反感が及ばないことだ。

下請会社は名前を出さない方がいい

理由は1つで、DPSは表立っては名前を出さない。配達する箱はAmazonマークの段ボールだし、配達時に名前も名乗らないため、受け取った人はAmazonの配達という認識を持つ。すなわち、責任の矛先がAmazonに向きやすい。

その一方で、Uber eatsはデニーズや大戸屋の看板は背負っていない。緑のデカデカとしたバッグにUber eatsと書かれた広告塔が街中を走り回っている。故に、ミスの責任は誰もがUber eatsが悪いと認識されてしまう。名前さえ出していなければミスがあっても元請飲食店に責任がシフトできたはずだ。

何故、これができないのか?

スキームが違う

Uber eatsは配送業者を自社で雇用しておらず、個人業者へ委託しているため、キャパシティが安定しない。配送要員を増やすためには知名度を上げなければならない。

一方で飲食店の看板を背負う(またはDPSの様に、それと認識されるような)と責任も負わなくてはならなくなり、それを、担保することは現実的ではない。

極め付けは、デリバリーサービスの受付をUber eatsのサイトで行ってしまっていることだ。

自前のUber eatsサイトで受け付ければ、飲食店同士の垣根を越え、魅力的な食事の中から、利用者が何を頼もうかとワクワクすることもできる。しかし、結果的に、「Uber eatsで頼むとロクなことがない」となり、返って足を引っ張る羽目に繋がっている。

生き残る下請けは?

DPSは生き残るが、Uber eats生き残れないだろう。

Amazonと違い、Uberが締め付ける相手が個人のためである。嫌になったらアルバイトは辞めればいい。Uberは、破門した代わりの人を集めるのにも苦労する。優秀な個人がいても、彼の配送キャパシティは限られている。

さらに、配送業者の品質にプラスアルファがない。求められていることは、決められたものを速やかに確実に届けるだけだ。これは、日本では出来て当たり前のこととされる。

一方でDPSは巧妙に隠れており、どんなに締め付けようとも、彼ら無くしてAmazonは成り立たない。結局、Amazonも弱い。

結びとして、起業もしていない民間個人へ委託し、責任逃れをするスキームが最高にいけていない。

品質向上施策が取りようのない個人委託で責任逃れをし、顧客満足度の向上を考えずに美味しいところだけを搾取する企業には、先細りする未来しか見えない。

このスキームで成功すると考えてる経営者を軽蔑する。

f:id:jizou2199:20190821123725j:image